2019年10月15日

芸術の秋 @

先週もチラッとブログに書きましたが、
またまたアートを見てきました!

まずはNukaga Galleryで開催されていた
藤田嗣治さんの「nude」という展示。

2019-10-17 09.53.04 1~01.jpg

2019-10-12 08.44.26 1~01.jpg

藤田嗣治さんの絵を見に行くのは今回が初。
淡い色使いがとっても綺麗で、
少し独特な絵のニュアンスがまた余計に素敵に感じます。

IMG_20191017_095851~01.jpg

特に今回のnudeではその名の通り裸婦の絵がメインで
素晴らしき乳白色と称えられる独特の白色下地に
浮世絵から発想を得た黒く繊細な輪郭線が美しい作品ばかり。 

2019-10-12 08.44.26 2~01.jpg

2019-10-12 08.44.27 2~01.jpg

2019-10-12 08.44.27 1~01.jpg

彼が絵画に求めたものは色彩やモノの形態ではなく
「質」だそうです。

2019-10-12 08.44.28 1~01.jpg

来れてよかった…!
本当に綺麗でした^^


そのままの足で今度は明治神宮前にある
GYRE GALLERYで開催中の「現代 アウトサイダーアート リアル」へ。

2019-10-17 09.53.00 2~01.jpg

アウトサイダーアートとは簡単に言うと
障害のある人たちが専門の美術教育などを受けずに作り出すアート。

アートは健常者も障がい者も関係なく活躍できるフェアなフィールド、
むしろその障害が隠れた才能として発揮されることもあるのです。

2019-10-17 09.53.00 1~01.jpg

2019-10-17 09.53.01 1~01.jpg

2019-10-17 09.53.02 2~01.jpg

2019-10-17 09.53.02 1~01.jpg

2019-10-17 09.53.03 1~01.jpg

2019-10-17 09.53.03 2~01.jpg

こうやって見てみると、
もちろん一概には言えないのですが
アウトサイダーアートは力強い印象を受ける作品が多い気がします。

美術を学んでいなくても
人の心を打つアートは作り出せるのですね。


この日はジャンル・テイストの違うアートを見てきましたが
どちらも素敵で、いい刺激になりました◎

実はこの後もう一つ現代アートを見てきたのですが、
それは次回に続きます〜♪
【いちかわゴン太くん 【火】の最新記事】
posted by ヘミング at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いちかわゴン太くん 【火】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186677844

この記事へのトラックバック