2012年07月01日

東京都現代美術館

江東区の木場公演の近くには美術館があって、
清澄白河駅から徒歩10分くらいかかって行きます
そんで、
館内で2・3時間立ちっぱなし、
現代アートっちゅう、なんだか判らんが凄い作品に涙した後、
帰りもまた10分も歩くと思うと、げんなりします。

そんな飲んだくれ共っ

通り道にある、お勧めしたい呑み屋があります。

だるま
ちなみにリンク先のHPに飛んでも、内容はほとんど書いてありません。

夜ともなると、
近所のオヤジじィ共がホイホイわんさかあつまる、
下町のシンプルな小気味酔い、
なんだか凄く落ち着く居酒屋です。

綺麗な格好や、高い服は着ていかない方がいいです。

スウェットとか2着目1000円みたいな服を着る位が、
肩張らなくて、楽しめるのではないでしょうか?

料理もママさんも大将もお店もとても深い味があります。
しかも
鬼安な価格
がんがん食べ物頼んで飲んでも2人なら4000円行かない位。


門仲の方にも
同名の名前がありますが、
こっちは三好町の方です。
posted by ヘミング at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おくやまみむめも